Recruit 部署インタビュー

VMD

仕事内容

VMD部署ではグラフィックチームと、インテリアチームの2つのチームが一緒に活動しています。

主にグラフィックチームではジュエリーカタログやPOP、イベントのビジュアルの製作、プロモーション用のWEBサイトなど、印刷物、デジタル媒体の両方を手がけています。

インテリアチームでは店舗のウィンドウディスプレイや什器の製作、展示会やPOP UP SHOPなどのイベント会場の空間デザインを担当しています。

ブランドにおけるビジュアルすべてを担うのがVMD部署の役割です。

すべてのお客様に感動や憧れ、幸せを提供するために、ブランドの世界観をいかにわかりやすく表現するか、ジュエリーの魅力をどれだけ引き出すことができるか、よりよいモノづくりのため日々試行錯誤しながら取り組んでいます。

またVMD部署はさまざまな部署との連携が必要なので、チームの枠を超えてコミュニケーションを取りながら進めていくことも重要です。

 

 

仕事のやりがい

ビジュアルプロデュース1つで、店舗やイベントの集客や売上は大きく変わるため、
ファッションやデザインに限らず、幅広い分野の知識・流行について把握しておく必要があります。

ひとつのビジュアルを製作するにあたり、漠然としているイメージを具体的なデザインに仕上げるためには、デザイナー、MD、営業、販売など様々な部署の意見を汲み取るプロセスが必須です。

関係者の意図を理解し、デザインにおこすことは簡単なことではありませんが、話し合いを重ねることでコミュニケーションスキルも磨かれ、自身の成長にも繋がります。

また、自ら描いたビジュアルが社内やお客様から高い評価を得られた時、仕事の喜びを実感すると同時に、次への挑戦意欲が湧いてきます。

もちろん楽しいだけではなく、売上などの結果を肌でシビアに感じながら常に向上心を持ち続けることは大変ですが、部署の垣根を越えて一丸となって目標に取り組み、同じ喜びを分かち会える環境での仕事はなによりやりがいを感じます。

 

 

 

メッセージ

e.m.ではファッションに限らずさまざまな分野にアンテナを張り、アイデアのヒントを見つけて実践できる人、チャレンジ精神を持った人が活躍しています。

時には上手くいかず苦戦することもありますが、失敗から学ぶことを成長の機会と捉えることができれば、より成長の幅が広がるはずです。

また、部署同士の距離が近く意見交換の場を多く設けているので、風通しがよく良い意味で自由な社風です。

クリエイティブな発想で“みんながよろこぶモノづくり ありそでなさそなモノづくり”を一緒に楽しみましょう!

 

Recruit Interview Top

Copyright© e.m.design Co.,Ltd. All Rights Reserved.